六本木の夜

こんにちは、ノリです。

新年度が始まり、入社式の会社も多かったでしょうね。

夢と希望を持って、どうか明るい未来を切り拓いて下さい。


次女も昨日が入社式でした。

朝、「がんばれよ」とメールしたら、「ありがと、がん
ばります!」と明るい感じの返信が来たので、ひと安心
しております。

娘が居なくなっても全然平気だと思っていたけど、実際
荷物のなくなった部屋を前にすると、やっぱ寂しいです。


引っ越す前は、春から娘が東京に出るって話をすると、
「寂しくなりますね」と言われても「居なくなってせい
せいしますよ」と答えていましたが、今じゃ「寂しいで
すね」と聞かれたら「ハイ、寂しいです」って明るく答
えるようにしています。

意地を張って強気でいるより、正直な気持ちを口にした
方がラクなことに気づきました。

居ないのが当たり前になるのはいつになるんでしょうか?

今回の引っ越し、寂しいことだけじゃありません。

ついに「娘と居酒屋デート」の夢が叶いました。

それも六本木で。

娘が「六本木で牡蠣が食べたい」というリクエストに、夜
の六本木デートへ。

うちの娘、かなりのベビーフェイスなんですね。

小さな居酒屋の店内に入った時のお店の人の顔が、怪しい
おやじと高校生のカップルに見えたのか、ちょっと不審な
顔をされてしまいました。

カウンター席だったので、わざとらしく親子の会話やこれ
から入る会社のなんぞをして、親子で一緒にいる子は未成
年ではないアピールをしまくりでした。


娘との会話はいつものように少なかったけど、嬉しかったなあ。

今度、東京に行ったらもっといろいろ話して、旨いビール
を飲みたいと思います。

体に気をつけてがんばれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です