やわらかい力と力強いやさしさ

活き活き家族のみなさん、こんにちは。

毎日感動の「あさが来た」もあと数日で最終回。

いろいろな別れがあり、朝から目頭が熱くなって
います。

そんな「あさが来た」からズドンと心に響いた言
葉があります。

女子の大学校の創立を目の前にした頃

『新しい社会の核となるのは家庭だと思っている。
高度な教養を持つ女性を育てるということが大事
なのです』 と熱く語る成澤にあさは


『それはつまり、家が楽しいというのは、とって
は社会みんなのためになるということですね』

言う。

家の中が楽しいって、それだけでやる気が出たり
周りとも笑顔で接することができる。

楽しい家族が多くあればあるほど、学校の中の問
題や社会の中での悲しい出来事も少なくなると思
っています。


そしてもうひとつ

女子の大学校の創立式でのあさの挨拶。

『みんなが笑って暮らしていける世の中をつくる
には、女性のねぇ、やわらかい力が大切なんです。』

このドラマの核となる言葉だと思うんです。

新次郎がもし男子学生に向かって挨拶をしたとした
ら何を言うだろう?

「みんなが笑って暮らしていける世の中をつくる
には、男性の力強いやさしさが大切なんです。』

ボクはそんな気がします。


やわらかい力と力強いやさしさ

大切にしていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です