父親になったなーと思ったのはどんな時

こんにちは。ノリです。

去年の11月頃、友達からこんな質問がLINEで送られてきました。

仕事で100人の男性にインタビュー中なのです。

「あなたが父親になったなーと思ったのはどんな時ですか?」

その時、ボクの出した答えは

「妻から妊娠を告げられた時が最初。だけどこの時は普通に親
になったんだという感覚。今改めて考えると、娘を嫁に出す時、
娘を託すヤツが表れた時に初めて父親になったと思うかも知れ
ませんね。」

こんな返事を出しておきながら、「ちょっと違うかな」とこの
答えが頭から離れなませんでした。

そんな時

『ほぼ日イトイ新聞』の中で日本の霊長類研究の第一人者、京
都大学総長の山極壽一先生と糸井さんの対談を読んで、思わず
「これだ!!」とヒザを叩いた内容がありました。

「おさるの年にゴリラの話を」

ゴリラは家族的な集団をつくっていますから、人間家族の起源
を考えるときには、ゴリラを念頭に置いたほうが理解しやすい
ことも多いんですよ。

たとえば、ゴリラの父親は、メスや子どもたちによって成り立
つもので、自覚によってつくられるものではありません。

いくらオスが「俺はお前の父親だ」と言っても、子どもに認め
られなければ、父親にはなれないんですよ。

人間も、いくら父親らしく振る舞おうと思っても、子どもに拒
否されたら、父親として振る舞えません。

そう、娘からマジ真剣に「お父さん、ありがとう」と言われた時、
その時に初めて「父親になった」「父親にさせてもらえた」と思
うんだと自分で納得しました。

ボクにはその瞬間はまだ訪れてない。

まだまだ半人前の親なんでしょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です