ベビー用品のプロとして

19日午前10時55分ごろ、JR横浜駅の京浜東北線
下りホームに到着した普通電車(10両)に乗り込もう
とした母親のベビーカーから赤ちゃんがホーム下に転落
した。

安全ベルトを締め忘れていたのが原因とみられる。幸い、
赤ちゃんに目立ったけがはなかった。

YAHOOニュースの記事から

無事で何よりでした。

ボクのうっすらした記憶の中で、小学校に入る前の頃に
東京だったかの駅で、電車とホームの間に胸のあたりま
ですっぽりハマった経験があります。

ケガもなくこうして生きているので大事にはいたらなか
ったけど、今思うとゾクゾクってします。


去年の11月に、みか店長がドリームハウスさんの紹介で

北陸信越運輸局、新潟県立大学、ドリームハウス主催の
「公共交通機関でのベビーカー利用を考えるイベント
in新潟」
に招かれベビー用品のプロとしてベビーカーの
使い方を話してきました。

子育て中のママさんに、安全、快適に公共交通機関を利
用してもらうためにどうしたらいいのか。

バスに乗るにも、電車を利用するにも階段があったり段
差があればベビーカーは不便なものになる。

先ほどの事故のように、ベルトの間違った使い方によっ
て危険なこともありますね。

ボクやみか店長はベビー用品のプロとして、ベビーカー
やチャイルドシートなど検討されているパパ、ママ、お
じいちゃん、おばあちゃんにまず聞くこと。

それは

・使う子の年齢。

・使う時の状況。

・使わない時はどうしているのか?

それらを聞いて、今ある商品のメリット・デメリットを
説明するようにしています。

それで、お薦めできないものはハッキリと言います。

不便だったり使ってイライラするものは、子育てにはマ
イナスだもね。

最近ね、チャイルドシートなどを見にこられるおじいち
ゃん、おばあちゃんから「パパママさんなら説明も取付
けもしてくれるから来ました。○松屋さんや○○本舗さ
んだとなかなかねぇ」と声をよくかけられます。


そんな時は心の中で「ガッツポーズ」ですよ。

これからも選んで来ていただけるような店になるために
ますます精進いたします(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です